入れ歯の洗浄頻度・洗浄方法について

入れ歯の洗浄頻度について

入れ歯はお口の中に装着をし毎日、使用をするものです。口内にはとても多くの雑菌、細菌が潜んでいるため入れ歯の洗浄は着用を行った日は毎日欠かさずに行うべきです。

入れ歯の洗浄方法

入れ歯の洗浄方法として、


①義歯ブラシを使用し、流水につけながら軽くこすり洗いを行います

義歯ブラシは、様々なメーカーさんから、様々な品質・値段のものが出ていますが、大きく違う部分があるのかと言われると目立った違いがあるわけではありません。
ご自身が使いやすいと思った商品を使うので大丈夫です。歯ブラシの大きい部分で入れ歯全体をこすり洗いを行い、小さい部分で細かい部分や、バネの部分を洗浄します。
普段使用をしている歯ブラシを使用しても大丈夫なのですが、その際には歯磨き用のブラシとは分けて使用をする様にして下さい。入れ歯を磨くと、歯ブラシの先端の繊維部分が変形をしやすくなってしまうために、日常での歯磨きに適さなくなってしまうためです。そのため、オススメとしては日常使いで使用をしなくなった歯ブラシを使用し入れ歯の洗浄用に使用を行う方法がオススメです。

 

②入れ歯の洗浄剤を使用する

入れ歯洗浄剤を水に溶かしたものに、入れ歯を一定時間浸して(つけ置きをします)洗浄を行います
入れ歯洗浄剤には、大きく分けて2種類の洗浄剤があります。「総義歯用入れ歯洗浄剤」と「部分入れ歯用洗浄剤」の2つです。使い分けのポイントは、入れ歯に金属の使用が行われているかどうか、です。

「総入れ歯用洗浄剤」は洗浄力は強いのですが、金属を痛めてしまう成分が入っていることが多く、入れ歯を長く使用するといった観点からは適切でないものであることが多いです。
ですので、洗浄剤に関しても、ご自身で判断をするのではなく、かかりつけの歯医者さん・歯科技工士の先生に相談をした上で判断をする様にしましょう。

・入れ歯洗浄剤に浸けておく時間
入れ歯を洗浄剤に浸けておく時間は、洗浄剤によって様々ですが、最近のものでは40度近くのお湯に3〜5分ほど浸けておけば従来の1晩中つけておく必要がないといった商品も出てきました。(詳しくは商品パッケージに記載、または歯科医院等でお尋ね下さい)

 

③洗浄剤に入れた後、再度しっかりと水洗を行う
基本的な、毎日の洗浄方法としては上記で以上になります。
入れ歯をより清潔に使用を行いたい方には、株式会社Dental Labor IDTで準備をしている「銀イオンコーティング」がオススメです。

IDTで提供をしています、「銀イオンコーティング」とは、世界で初めての入れ歯等の補綴物になの銀イオンコーティングを施す技術です。

入れ歯や矯正器具等のニオイ・ヌメリ等の主な原因は”カンジダ菌”と呼ばれる細菌が原因です。この菌は、市販の洗浄剤で洗浄・消毒を行っても再び口に入れ使用を行うとすぐに増え続けてしまいます。
IDTの提供する「銀イオンコーティング」は、世界初の世界初の技術を使用し、ナノ銀粒子をコーティングし、入れ歯自体に高い抗菌力を持たせる様な仕組みです!
「洗浄・消毒」とは異なり、バイ菌を元から断ちますので安心して清潔な入れ歯をご使用頂けます!

詳しくは、スタッフにお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Blog
  • facebook