制作の流れ

製作の流れ

BPSエステティックデンチャー

BPSエステティックデンチャーRは、全国様々な歯科医院で取り扱いがございます。

一般の患者様は、直接株式会社 Dental Labor IDT にお越しいただいて義歯を製作することもできますし、お近くのBPSエステティックデンチャーR取り扱い医院で製作することも可能です。

お近くの取り扱い医院で製作する場合は、歯科医院様に当サイトを見たことをお伝えいただければ、当ラボ代表が立ち会わせていただきます。

1:当ラボ、またはお近くの歯科医院で口腔内のチェック

 

BPSエステティックデンチャーの取扱い歯科医院にて、
患者様の口内の状況をお調べいたします。その際当ラボの技工士が立ち会います。

ラボでの作業

口腔内の状況を基に正確な模型を製作いたします。

矢印

2:2回目の検査を行います

 

さらに細かい調整を行います。その際顎の水平的な位置も決定いたします。

ラボでの作業

精密な検査から作業用の模型を起こし、咬合器に付着、
人工歯排列を行い仮の義歯を製作いたします

矢印

3:仮の義歯による歯並び、咬み合わせのチェック

 

製作した仮義歯を実際にはめていただき、
歯並びや、咬み合わせの細かい調整を行います。

当ラボでの作業

最終調整を行った後に、仮義歯から本義歯への制作に取り掛かります。

矢印

4:完成した義歯の装着、最終調整

 

3回の来院で調整した本義歯の装着を行います。
最終的な微調整を行いお渡しいたします。

 

BPSエステティックデンチャー+治療用義歯

BPSエステティックデンチャーの製作前に治療義歯で口内の環境を整えていきます。

1:治療用義歯の製作

 

BPSエステティックデンチャーと同じ流れで製作します。

矢印

2:治療期間

 

約3~6ヶ月間、治療用義歯を調整しながら治療を行います。

矢印

3:BPSエステティックデンチャーの作成

 

顎位が安定したところでBPSエステティックデンチャー製作に移ります。

3〜6ヶ月の間に使用した治療用義歯が本義歯の基となるため、
一度治療用義歯をお預かりいたします。

その間はコピーした治療用義歯をお渡しいたします。

矢印

4:以降通常のエステティックデンチャーの流れと同様

 

e Dnture

基本的な流れは同じですが、治療用義歯を2つ、本義歯を1つ、計3つの義歯を作成いたします。

通常の治療用義歯に加え、噛む力や口腔内粘膜の補正を行うための治療用義歯を製作し、リハビリの期間を設けます。
そのため期間は個人差もありますが約1年程度かかります。

1:治療用義歯の製作

 

BPSエステティックデンチャーと同じ流れで製作します。

矢印

2:治療期間

 

約3〜6ヶ月間、治療用義歯を調整しながら治療を行います。

矢印

3:リハビリ期間

 

1つ目の治療用義歯を基に、人口歯の義歯を製作いたします。
その間はコピーした治療用義歯をお渡しいたします。

2つ目の治療用義歯を調整しながら、噛む力や口腔内粘膜の補正を行います。

矢印

4:BPSエステティックデンチャーの作成

 

リハビリ、トリートメントの期間を経てBPSエステティックデンチャー製作に移ります。
2つ目の治療用義歯を基に製作いたします。

その間はコピーした治療用義歯をお渡しいたします。

矢印

5:以降通常のエステティックデンチャーの流れと同様

 

  • Blog
  • facebook